1日も早くベーシックインカム導入を!

・BIとは「勤労するかどうかにかかわらず、国がすべての個人に無条件で一定の所得を支給する」というもの

素晴らしい制度ですね~。一定の所得というのがいくらになるかですが7~8万円ていうのが現実的な線みたいです。ポイントはすべての個人に無条件て部分。ここを所得制限だのなんだの言うと無駄な利権が増えますからね。BIが導入されたら即仕事辞められるのになぁ。

 

・BIの本質は社会保障費の圧縮と無駄の削減

BI反対派の理由は大半が財源がないというものです。

・年金制度は完全廃止
生活保護制度は完全廃止
介護保険、児童手当・扶養控除・保険料控除は完全廃止 (未成年にもBI支給)
・扶養義務は廃止
・BI導入に伴う無駄な公務員の削減(厚労省財務省を中心に)
・財源確保のため国債を大量発行

このくらやればある程度の財源は確保できます。特に大きいのは無駄な公務員の削減ですね。あの方々は8万円を配るのに経費が10万円かかりましたとか平気でいう方々ですからねぇ。介護保険なんて無駄の塊です。BIを導入すればケアマネージャーも必要ないし要介護認定もいらないです。当然介護保険課も解体です。すべての個人に無条件なら無駄なことはする必要ないですからね。確実に無駄な社会保障費およびそれに関わる公務員の人件費は削減できると思います

医療保険はどうするのか

現在は窓口負担が3割で高齢者は2割負担です。これは当然10割負担になるでしょう。

医療保険て意外と不公平な制度で行かない人はホント病院いかないですからね。

ただし高額医療保障制度だけは拡充して残すことになります。特定の疾病やケガに限り月額の上限だけはBIの額である8万円~16万円程度に抑えることになるでしょう。

医者に行きにくくなって寿命が縮まる?そこは自己責任で一つお願いします。

高齢者は医者に行き過ぎる事実はあると思います。それなのに負担が少ないんだから社会保障が破たんするのは当然ですよね。

・働かざる者食うべからず

・私の大嫌いな言葉です。そんなに働きたいならあなたは死ぬまで働いててくださいって感じです。私は生きてるだけで十分なのでBIが導入されたらすぐに仕事を辞めますけどね。でも現実的には難しいのかなぁ。財源的な意味じゃなくて、利権やコネが大好きな国ですからね。まず利権の温床の厚労省財務省が絶対反対するでしょうからね…