ソーシャルレンディングの甘い罠

ソーシャルレンディングのメリット

①価格変動がない

ソーシャルレンディングは基本的に価格変動がありません。なので日々の値動きを気にする必要がなく精神的には楽です。株のように暴落もないので塩漬け株の評価損を見て憂鬱になることがありません。

②利確や損切りを考えなくてよい

・最初から投資期間や利率が決まっているので利確や損切りの概念がありません。精神的に弱い私にはありがたいです

③利率が高い

予定通りに運用されれば5%~10%の高利率で運用できます。株のように10倍になることはありませんが銀行投資などと比べれば超高利率です

④一応担保がある商品も選べる

土地などが担保になっていることがあり、返済が滞ってもいくらかは返ってくる可能性があります。

 

ソーシャルレンディングのデメリット

①怪しい、詐欺の可能性がある

・小さい会社や無名な会社が多く怪しさは満点です。普通の人は警戒すると思います

②資金が全部吹っ飛ぶ可能性がある

・株と違い運用会社自体の倒産リスクが高いです。そうなった場合運用している資金は0になると思います

③利益が限定されている

・株のように10倍になることは絶対ないです。よくても年10%です

④総合課税なので確定申告の必要がある

・これも意外と面倒です

⑤クリック合戦に負けると投資できない

・高利率の案件は1分程度で満額埋まってしまい投資できないことが結構あります

流動性が低く資金が拘束される

・いったん投資したら投資期間内は資金は完全に拘束されます。お金に困っても売るとかできません。

 

予定通りに運用さえされていれば日々の価格変動がなく高利率とかこんなにいい投資はないんですけどねぇ。

個々の案件の事故による遅延や元本割れはともかく、業者自体の倒産リスクが怖いです。というか1回でも大きな事故を起こしたら将棋倒し的に信金運用が苦しくなり倒産する可能性もあるような気もします。そうなると株と違い全資金が一瞬で0になる可能性もあります。

私はすでに500万円も投資してしまっているのでこれが最悪0になる可能性があります。うまく運用されれば月に3万程度の利益です。年間にして3~40万くらいですね。ホントにうまくいけば資金1500万で年間120万の利益で最短リタイヤもできるなぁなんて甘いこと考えてるんですけどねぇ。仮に資金が3000万あれば半分は安全資産としておいておくこともできのは魅力ですよねぇ。

なにしろソーシャルレンディングは歴史も浅く認知度も低い投資なのでこれからが楽しみです。5年、10年後はメジャーな投資になっててほしいですね。果たして甘い話にはやっぱり罠があるのか?お楽しみにです。